2015年10月24日土曜日

5.2インチ型スマートフォン「Nexus 5X」を購入しました。 ~指紋センサー搭載、4K動画撮影対応、順当進化したNexus 5 の後継機


「Nexus 5X(SIMフリー)」をGoogleストアにて購入しました(いきさつ)。 指紋認証、4K動画撮影対応、IEEE802.11ac搭載、USB Type-C採用。  Nexus 5(2013) の順当進化モデルです。 1秒以内にロック解除できる指紋認証機能はとても便利です(動画)。 カメラは起動が速くなり、画質も上がりました。 スペックを見ただけではわかりづらいのですが、実際の使い勝手はかなり良くなってます。


主な仕様は、OS:Android 6.0 Marshmallow、 ディスプレイ:5.2インチ(1920x1080ドット)、 CPU:Qualcomm Snapdragon 808 プロセッサ(1.8 GHz ヘキサコア 64 ビット)、 RAM:2GB、 内部ストレージ:16GB、 SDカードスロット:なし、 バッテリ:2,700 mAh 、 無線:LTE・Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac MIMO・Bluetooth 4.2、テザリング対応(2.4GHz&5GHz)、 カメラ:(背面)1230万画素・(前面)500万画素、 価格:5万9300円。 これから使いながらレビューいたします。

目次
1) 開封の儀外観・スペックインターフェースNexus5との比較
2) セットアップ(初期設定)指紋センサーが便利
3) 約5日使ってみた感想
4) カメラテスト作例1)(作例2
5) バッテリーテスト
6) 約一年間使ってみた感想

番外編
背面カメラの内部にゴミが混入してたので返品・交換手続きをしました
「Type-C - Type-A」USBケーブルを購入
透明な保護カバーを購入
スタンドにもなる、落下防止指リング「BUNKER RING」がいい感じ!
アルミ製バンパー(保護ケース)を購入
木製のケースを購入
小型のモバイルバッテリーを購入


Nexus 関連記事 一覧


開封の儀

シンガポールから国際宅急便で送られてきました。


箱と尺のあっていないように見える帯(?)。


付属品一覧。 本体の他に、SIMトレイピン、充電器、USBケーブルなどが付属しています。


充電器。 


Lightningケーブルのように裏表関係なく挿入できる「USB Type-C」。 充電器側と本体側の区別もありません。 ケーブルが太くて堅いのが惜しいですが(断線対策でしょうか?)、使いやすいです。


ケーブルの形状が変わったので、「モバイルバッテリー」や、「5ポート USB急速充電器」には接続できません。 変換端子または変換ケーブルが必要です。


USB Type-C 変換 Amazon


そして、「Nexus 5X」はQi(ワイヤレス充電)に対応していません。 Nexus 5 は対応してたのにね! ここだけ退化に感じます。 開発陣の話によると、「USB Type-C」が便利だからQiは省いていいでしょ!ということらしいです。 でもそれとこれとは別だと思いますけどねえ。。。 USBを挿すよりも置くだけで充電できたほうが便利ですよ。 残念。


外観&スペック確認

主なスペック(詳しいスペックはこちら
OS:Android 6.0 Marshmallow
ディスプレイ:5.2インチ(1920x1080ドット)
CPU:Qualcomm Snapdragon 808 プロセッサ(1.8 GHz ヘキサコア 64 ビット)
RAM:2GB、 
内部ストレージ:16GB、 
SDスロット:なし、
バッテリ:2,700 mAh
カメラ:(背面)1230万画素・(前面)500万画素
無線:LTE・Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac MIMO・Bluetooth 4.2、テザリング対応(2.4GHz&5GHz)
価格:5万9300円


液晶の視野角が広く、色味も綺麗、明るさも十分。 野外でも見やすいです。 スペック表には書いていませんが、テザリングももちろんできます。 テザリングといえば2.4GHz帯しか使えないというイメージだったのですが、「Nexus 5X」は5GHz帯にも対応してます()。 


ボディ素材はポリカーボネイトです。  綺麗で上品な質感です。 でも側面はどことなく安っぽい雰囲気が漂っています。


カメラのレンズ部分が出っ張っているので机に置くと上面が少し浮きます(左図)。


インターフェース

左側面にSIMスロットが配置されてます。 SIMサイズは「ナノSIM」です。 2年前、Nexus5のときはサイズは合わずにSIMを切断して使ったのですが、今回はウィルコムから「OCN モバイル ONE」に乗り換えた時に、ナノSIMに変更したので、それがそのまま使えました。


SIMカードを挿入したら設定不要で即使えます(OCN モバイル ONEの場合)。


下面にUSB端子とイヤホン端子


右側面には、電源ボタンと音量ボタン。


背面。 1230万画素の背面カメラ、指紋センサー、フラッシュ搭載。 カメラは起動が速く、画質も向上しました。 指紋センサーは反応が速く、1秒かからずにロックを解除できます。 便利です。


IMG_20151024_144851IMG_20151024_144902
Nexus 5X(左)、Nexus 5(右)

画質の差は一目瞭然です。


※センサーもしくは、レンズ内側にゴミが入ってました(リンク) _| ̄|○ 週明けにサポートセンターに連絡します。 追記:交換してもらいました →「Nexus 5X の交換品が届きました


前面カメラは500万画素。 自撮り重視の人にも満足できる解像度です(たぶん)。


スピーカーは上下にありますが、上のスピーカーは電話用です。 アラームやゲームのBGMなどは下のスピーカー(シングルスピーカー)から鳴ります。


Nexus 5(2013) との比較

Nexus 5(2013) との比較。 上方向に大きくなりました。 液晶の綺麗さは同じですが、色味が少し違います。 Nexus 5Xは黄色味が強く、Nexus 5は青味が強い印象です。  どちらの色味が正確なのかわかりません。 両者ともおかしな色味ではないことは確かですが。


スペック的には「Nexus 5X」のほうが薄いのですが、カメラの出っ張りがある上部分は両者ほぼ同じ薄さです。


Nexus5は彫り込まれて立体感のあったロゴでしたが、「Nexus 5X」でプリントのみです。 白い表面の質感は似てます。


裏面の質感も液晶品質も良いのですが、側面からは両者ともどことなく安っぽい雰囲気が漂ってます(汗) 保護カバーを付けるのであまり気にしてませんけど。



その2へつづく


リンク さくら
Nexus 5X - 指紋スキャナ - LG Google ストア
Nexus 6P - 頑丈なメタルフレーム - Huawei Google ストア

■ Nexus 5Xを検索: Amazon、 楽天、 価格.com、  Yahoo!ショッピング
■ Nexus 6Pを検索: Amazon、 楽天、 価格.com、  Yahoo!ショッピング


関連記事 さくら これまた
5インチ型Androidスマートフォン「Nexus5」 ~テザリング可能、SIMフリーのスマホ
Googleストアにて Nexus6が1万7000円以上の大幅値下げ!
5インチ型Androidスマホ「ASUS ZenFone 5」を購入しました。 ~LTE対応、テザリング可能、SDカード使用可、使い勝手の良い、低価格なSIMフリー・スマートフォン
防水・防塵仕様のdocomo スマートフォン「GALAXY S5 ACTIVE」をお借りしました ~GALAXY史上最強のタフネスボディ
5インチ型Androidスマホと融合したハイスペックデジカメ「LUMIX DMC-CM1」をお借りしました。
【OCN モバイル ONE】 音声対応SIMカード購入 ~番号ポータビリティを利用してウィルコム(ワイモバイル)から「OCN モバイル ONE」に乗り換えました