2017年6月20日火曜日

Quadro P4000 搭載 クリエイター・エンジニア向けデスクトップPC「DAIV」レビュー(3) ~動画編集するならやっぱQuadroだね!


Quadro P4000 搭載 DQZ510H2-SH3 シリーズ DAIV マウスコンピューター

レビューその1その2からの続きです。  今回は各ベンチマークソフトを実行しつつ、動画のレンダリング速度などを確認してみました。 3月にお借りした、GeForce GTX 1080を搭載したゲーミングPCと比べると、ゲームのベンチマークテストはやはり若干下回るものの、動画のレンダリング速度は逆に若干上回る成績でした。


ベンチマークテスト

まずは各ベンチマークソフトを実行してみます。



SSDの速度は、連続読込(489~516MB/s)に比べて、連続書込は267~289MB/sと半分程度です。 普及価格帯のSSDによくある傾向ですね。 逆に4kランダムアクセスは、書き込みの方が速いです。 ファイルコピー速度を確認すると(下記)、この傾向がハッキリとわかる結果になりました。



OpenGL21万となかなかぶっ飛んだ数値です。 GeForce GTX 1080を搭載したゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i7901GA1」のスコアは4万台、「Quadro M2000」搭載PC「raytrek LT M2」17万台です。 GDIやDirectDrawの値もGeForce GTX 1080搭載ノートを若干上回っています。 ミドルレンジとはいえ、さすがQuadro!といった結果です。


■ CrystalMark の使い方
「Mark」…ベンチマークの合計です。
「ALU」…CPU性能に関するベンチマークです。整数演算速度。
「FPU」…CPU性能に関するベンチマークです。浮動小数点演算速度。
「MEM」…メモリ性能に関するベンチマークです。
「HDD」…ハードディスク性能に関するベンチマークです。
「GDI」…2Dグラフィックス性能に関するベンチマークです。
「D2D」…2Dグラフィックス性能に関するベンチマークです。DirectDraw
「OGL」…3Dグラフィックス性能に関するベンチマークです。OpenGL


他のPCのベンチマークテスト(参考)
■ 17.3インチ ゲーミングPC「NEXTGEAR-NOTE i7901GA1」
■ 「Quadro M2000」搭載クリエイター向けパソコン「raytrek LT M2」
13.3インチ 2in1 モバイルノートPC「HP Spectre x360」
15.6型オールインワン・ノートPC「m-Book F シリーズ」



つづいて、ファイナルファンタジー(ゲーム)のベンチマークソフトを実行してみました。 フルHD(1920×1080)の解像度、最高品質という条件で実行したら「非常に快適」という最高の結果でした。 意外とゲーム用途でも大丈夫そうですね。 ※スコア7000オーバーで非常に快適という評価です。


でも4K解像度にするとスコアはかなり落ちます。 ゲーム用途では、やはりGeForce GTX 1080を搭載したゲーミングPCにはかなわないようです。


ちなみにマインクラフト(Windows 10 Edition)の動作確認をしてみたのですが、体感速度は「Quadro M2000」搭載PCとほぼ同じか、もしくはちょっと速いかも(気のせい?)・・・という感じです。 基本的に普通に遊べます。 でも村人が多いともたつきますし、空を飛んでると地形読み込みで前が見なくなることもあります。 この辺はマシンパワーがいくら上がっても変わらない気がしました。 今のマインクラフトの限界ではないかなと思いました。
(´-`).。oO(1.1.0になってなんかバグ多いし


動画レンダリング速度

スマホで撮影した4K(3840×2160:30fps)動画を映像編集ソフト「VEGAS PRO 14」に取り込んで編集しレンダリングにかかる時間を計測してみました。


出力はMainConcept AVC形式です。「MainConcept AVC」形式を選択した理由はコレ(下記)です →「価格.com - 『対応のグラフィックボードは?』 SONY Media Software Vegas Pro 13 のクチコミ掲示板
Vegas Proにおいては、GPUが使用できるのは、その出力形式がMainConcept AVCSony AVCの2つ


・・・で、1分14秒の4K動画のレンダリングにかかった時間は・・・


5分1秒でした。 SSD速度が平凡だったので、あまり期待してなかったのですが、結果は今まででテストしてきたPCの中で最速でした。 4秒という微妙な差ですけど、さすがです。


比較参考(同じ条件で同じ動画をレンダリングしたときの作業時間)
・GeForce GTX 1080搭載NEXTGEAR-NOTE i7901GA15分5秒
raytrek LT M26分14秒
・ 13.3インチ 2in1 モバイルノートPC「HP Spectre x360」15分1秒


ついでに解像度1920×1080ピクセルの20分15秒の動画を編集しレンダリングしてみました。 出力形式は上と同じくMainConcept AVCです。


結果は26分13秒でした。 raytrek LT M2(Quadro M2000搭載機)で同じ動画をレンダリングしたら33分13秒かかりました。


Photoshopフィルター適用速度

続いて、Photoshop CCで画像にフィルターを適用したときの時間を測定してみました



Photoshop CC (11050×14013ピクセルの画像にスマートシャープを適用)

結果は、2~3秒 でした。 あっという間に終わるので、待ち時間を表示するバーは表示されませんでした。


比較参考
ゲーミングPC「NEXTGEAR-NOTE i7901GA1」 1~2秒
「Quadro M2000」搭載PC「raytrek LT M2」 8~9秒


ちなみにPhotoshopの環境で、OpenCLを無効にして同じテストをした場合、53秒かかります。


ファイルコピーテスト

上図のファイルをコピーにかかる時間を測定してみました。 結果は・・・

8秒 でした。 上記のベンチマークテストでもその傾向が出ていましたが、このSSDは細かいファイルのコピーは得意みたいです。


比較参考(同じ条件でテストしてみた結果)
raytrek LT M29~12秒
NEXTGEAR-NOTE i7901GA1: 8~16秒
13.3インチ 2in1 モバイルノートPC「HP Spectre x360」8~12秒


次に1.12GBの動画ファイルを10個まとめてコピーしてみました。


結果は・・・ 約1分44秒 でした。 少し遅めの結果になりました。 大きいファイルのコピーは苦手みたいです。 SSD速度にこだわる人は、少し高くなりますが、購入するときにM.2規格の高速SSDを選択すると良いと思います。


比較参考(同じ条件でテストしてみた結果)
NEXTGEAR-NOTE i7901GA1:約6秒
13.3インチ 2in1 モバイルノートPC「HP Spectre x360」:約27秒
raytrek LT M2:約52秒



その4へつづく
レビューその1その2へ戻る



リンク さくら
■ Quadro P4000 搭載 DQZ510H2-SH3 シリーズ マウスコンピューターicon

クリエイター向け、エンジニア向けPCブランド DAIV マウスコンピューター
■ マウスコンピューター:Amazon店楽天市場店


関連記事 さくら これまた
「Quadro M2000」搭載クリエイター向けパソコン「raytrek LT M2」レビュー(4) ~ベンチマーク・体感速度・OS起動時間を確認
4Kディスプレイ搭載! 17.3インチ ゲーミングPC「NEXTGEAR-NOTE i7901GA1」をお借りしました
Windows 8 ~ 10 を使っているユーザーはMicrosoft純正のウイルス対策ソフト「Windows Defender」を使うべき?


※ 実機をお借りしてレビューしています。 掲載料などはいただいておりません。 記事の内容は私が実際に使ってみた個人的な感想です。 メーカーや第三者の指示は一切ありません。

関連記事