2017年3月24日金曜日

17.3インチ ゲーミングPC「NEXTGEAR-NOTE i7901GA1」レビュー(3) ~ベンチマークソフトを実行したら、とんでもない数値が出たので思わず2度見してしまいました


レビューその1その2からのつづきです。 今回は「NEXTGEAR-NOTE i7901GA1」のベンチマークソフトを実行しました。 ついでに、去年の年末に購入した私のデスクトップPC「raytrek LT M2」と、ファイルコピー速度やソフトの処理速度を比べてみました。


ベンチマークテスト


いつものようにベンチマークソフト3種を実行してみました。 そしたらSSDの速度3GB/sを超えてました!! こんな数値はじめて見ましたよ(CrystalDiskMarkの数値) SSDの速度って、だいたい500MB/s付近のイメージでした。 それとはリアルに桁違いの速度にビックリです。 このSSD欲しい(笑) ※CrystalMark 2004R7で計測したら、それよりも若干低めの数値でした() それでも十分速いですけどね。


他のPCのベンチマークテスト
「Quadro M2000」搭載クリエイター向けパソコン「raytrek LT M2」
15.6インチ・ゲーミングノート「HP OMEN 15-5100シリーズ」
ドスパラ ゲームパソコン「GALLERIA HX(ガレリア HX)」
手のひらサイズ・デスクトップPC「Diginnos Mini NUC-B5」


ゲームのベンチマーク


FF XIV ベンチマークを実行してみました。 4K解像度(3840×2160)で、最高品質の設定。 なのに7000オーバー(非常に快適)という結果でした。 なにこれすごい! このマシンは化物か!


クリックで拡大(100%表示)できます

4K解像度(3840×2160)だと細部までくっきり綺麗ですね。



4K解像度(3840×2160)で「ドラゴンクエストⅩ ベンチマークソフト」を実行しても「すごく快適」という結果でした。



こちらのソフトは上右図のグラフが結果です。  30fps 以上で「快適」、60fps 以上で「非常に快適」という評価です。 こちらも4K解像度(3840×2160)でテストを実行しましたが、どの結果も60fpsを軽く超えてます。 死角はありません。


デスクトップPC raytrek LT M2 との比較

せっかくの機会なので、去年の年末に購入した私のデスクトップPC「raytrek LT M2」と比較してみます。


主なスペックを比較
raytrek LT M2NEXTGEAR-NOTE i7901GA1
CPUインテル Core i7-6700
(4コア8スレッド/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大4.00GHz/キャッシュ8MB)
インテル Core i7-7700K
(4コア8スレッド/HT対応/定格4.20GHz/TB時最大4.50GHz/キャッシュ8MB)
グラフィックNVIDIA Quadro M2000 4GB (4画面対応/DisplayPort x4)GeForceR GTX 1080(8GB)
メモリ16GB
DDR4 SDRAM(PC4-17000/8GBx2/デュアルチャネル)
32GB
PC4-19200 (8GB×4/デュアルチャネル))
ストレージ525GB SSD +【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)512GB(M.2 SSD)1TB HDD
価格17万1372円
※2016年12月26日購入
40万2624円
※2017年3月23日時点
スペック的には完全に負けています(汗) 勝っているのはストレージ容量くらいでしょうか。 でも大事なのは実行速度ですよ! 実作業にどのくらい影響あるのかってところです。


というわけで、普段よく使うアプリの中でも重めの作業を実行してみました。
1)4K動画編集・レンダリング速度
2)Photoshopのフィルター適用速度
3)ファイルコピーテスト


4K動画編集・レンダリング速度


まずは動画の編集とレンダリング速度を確認してみました



スマホで撮影した4K(3840×2160:30fps)動画を複数取り込んで、編集してみます。 全部で1分14秒という短い動画。 しかもトラック数が少なく、エフェクトも使っていないせいか、「raytrek LT M2」、「NEXTGEAR-NOTE i7901GA1」の両者とも編集のプレビュー画面は非常にスムーズでした。 両者ともこのくらいの処理(編集)なら楽勝です。


つづいて、編集した動画をMainConcept AVC形式でレンダリングしてみました。 レンダリングにかかった時間は以下の通り。


・raytrek LT M2: 6分14秒 (約5時間05分)
・NEXTGEAR-NOTE i7901GA1: 5分5秒 (約4時間09分)

レンダリングは両者とも結構時間がかかります。 でも、NEXTGEAR-NOTE i7901GA1 のほうがやはり速いです。 1分以上の差がつきました。 ()内は結果を元に、1時間の動画レンダリングした時にかかる時間を推測した数字です。 長時間の動画をレンダリングすると無視できない差になります。


レンダリングに「MainConcept AVC」形式を選択した理由はこの書き込みを見たからです。
価格.com - 『対応のグラフィックボードは?』 SONY Media Software Vegas Pro 13 のクチコミ掲示板
Vegas Proにおいては、GPUが使用できるのは、その出力形式がMainConcept AVCSony AVCの2つ


蛇足になりますが、4K動画の再生(視聴)は「raytrek LT M2」、「NEXTGEAR-NOTE i7901GA1」ともにスムーズです。 ただ、「raytrek LT M2」でVLCを使って再生すると、カクついてしまう動画形式がありました。 「NEXTGEAR-NOTE i7901GA1」+VLCではそういう問題はなく、どれもスムーズに再生できます。


Photoshopのフィルター適用速度

続いて、Photoshop CCで画像にフィルターを適用したときの時間を測定してみました


Photoshop CC (11050×14013ピクセルの画像にスマートシャープを適用)
・raytrek LT M2: 約8秒
・NEXTGEAR-NOTE i7901GA1: 1~2秒

NEXTGEAR-NOTE i7901GA1 での作業はあっという間でした。 そのため、ウェイトバーは表示されませんでした。 raytrek LT M2に搭載してるQuadro M2000 はQuadroの中でも下っ端というか、エントリーモデルです。 なので、GeForce GTX 1080と比べたら、当然の結果なんでしょうね。 でもエントリーモデルであっても、2次元画像の処理はGeForceよりも、Quadroのほうが速いと思い込んでたので、私にとっては意外な結果でした。


ちなみに、Photoshopの環境設定で、Open CL を有効にしないと上記のような結果にはなりません。 Open CL を無効にして同テストを実行した場合、1分ちかくかかります。



ファイルコピーテスト

ファイルのコピーにかかる時間を測定してみました。


raytrek LT M2: 9~12秒
NEXTGEAR-NOTE i7901GA1: 8~16秒

写真がたくさん入ったフォルダー(上図)を、内部コピーしてみました。 測定するタイミングによっては両者とも30秒近くかかる場合もありましたが、だいたい上記のような結果に収まりました。 2回目以降はキャッシュが効くのか、約2秒で完了します。 raytrek LT M2が同等もしくは、少し優勢な結果を出せたのはこれのみです。 でもSSDベンチマークテスト的には NEXTGEAR-NOTE i7901GA1 のほうが上なんですけどね。 細かいファイルのコピーは苦手なんでしょうか?


(´-`).。oO(もしかしてアンチウィルスソフトの違いが影響してる?


raytrek LT M2: 約4秒
NEXTGEAR-NOTE i7901GA1: 一瞬

続いて、1.12GBの動画ファイルをひとつコピーしてみました。 「NEXTGEAR-NOTE i7901GA1」は一瞬でコピーを完了するのでウェイトバーは表示されません。 差がわからないので、もっと極端にしてみます。


raytrek LT M2: 約52秒
NEXTGEAR-NOTE i7901GA1: 約6秒


上図の1.12GBの動画ファイルを10個、フォルダーに入れて、コピーしてみました。 そしたら、なんか、もう、びっくりするくらいの差が付いてしまいました。 やはり NEXTGEAR-NOTE i7901GA1 に搭載してるSSDは速いですね。



その4へつづく
レビューその1その2へ戻る


リンク さくら
■ NEXTGEAR-NOTE i7901GA1icon G-Tune(製品情報&購入ページ)

BTOパソコン・PC通販ショップのマウスコンピューターicon
G-Tuneicon(ゲーミングPCブランド)
■ マウスコンピューター:Amazon店楽天市場店


関連記事 さくら これまた
GALLERIA Gamemaster 新製品発表会レポート ~PCパーツの知識不要!40タイトル以上のゲーム動作をサポートしたゲーミングPC【PR】
DELL 新製品発表会に参加してきました(2) ~13インチ ゲーミングノート「ALIENWARE」の有機ELディスプレイがとても綺麗でした
日本HPの15.6インチ・ゲーミングノート「HP OMEN 15-5100シリーズ」をお借りしました。 ~ゲーマー向け薄型ハイスペックノートPC


※ 実機をお借りしてレビューしています。 掲載料などはいただいておりません。 記事の内容は私が実際に使ってみた個人的な感想です。 メーカーや第三者の指示は一切ありません。

関連記事