2016年12月31日土曜日

「Quadro M2000」搭載クリエイター向けパソコン「raytrek LT M2」レビュー(3) ~初期設定編

レビューその1その2からのつづきです。 今回はPCの初期設定をしました。


Windows 10 の初期設定

購入したPCの電源を入れるとまずこの画面が表示されます。 次へをクリック


承認するをクリック


ここはカスタマイズをクリック


個人的データをMicrosoftに送信したくないので、この項目はすべてOFFにします。


次のページもすべてOFF


最後、ここはお好みでON/OFFを選択して次へ


Microsoftアカウントを持っている人はここでログインします。 私も持っているのですが後で設定するので、ここでは「この手順をスキップする」をクリックしました。


PC名とログインするためのパスワードを設定します。 次へ


Cortanaを使うをクリック


セキュリティソフト「マカフィー」が1年間無料で使えるので試用いたします。 次へをクリック。 設定は以上です。


しばらくお待ちください


デスクトップ画面が表示されました。 上のスクリーンショットはGoogle Chromeやスクリーンショット保存ソフトなどをインストールした後のものです。


Windows10は Windows8系よりもWindows7寄りの使用感です。


最初にした作業

まずはモニターの色味を調整しました。


(1)デスクトップ画面で右クリックをし「ディスプレイ設定」をクリック、(2)「ディスプレイのカスタマイズ」画面より「ディスプレイの詳細設定」をクリック、(3)「ディスプレイの詳細設定」画面の色調整をクリックします。


色調整のやり方はWindows7、8とほぼ同じです。
ディスプレイの色の調整方法


そして必要なソフトをインストールしました。 以前にまとめたソフトの一覧です。
PCにインストールしているソフト・ドライバー一覧



その4へつづく
その1その2へ戻る


リンク さくら
■ raytrek LT M2 製品情報 ドスパラ
■ Quadro 搭載PCQuadro 搭載PC ドスパラ
■ ドスパラ トップページ


関連記事 さくら これまた
Windows 10 からNAS「QNAP TS-212P」が見えなくなったときの解決方法
手動でWindows10へアップグレードしました
GALLERIA Gamemaster 新製品発表会レポート ~PCパーツの知識不要!40タイトル以上のゲーム動作をサポートしたゲーミングPC【PR】
HDD内容をまるごと複製できるHDDケース「LHR-2BDPU3」を購入しました。 ~複製したHDDにWindows10を入れて互換性を確認

関連記事