2017年7月10日月曜日

HHKB Pro(キーボード)って一生使えるんじゃなかろうかと思った話

3年4ヶ月ほど使ってきたセンチュリーのメカニカル・テンキーレス キーボード「BLACK PAWN(赤軸)」が突然壊れました。 キーボードの故障というと特定のキー入力ができなくなる系が多いかと思いますが、そういうのではなく、キーボードがPCに認識されなくなる系です。 USBを繋ぎ直しても、繋ぐUSBポートを変えても、「ピンポンパン♪」(←周辺機器を繋げた時の音)とWindowsの効果音が鳴った後すぐに「ポロロン♪」(←周辺機器を外した時の音)と鳴り、認識されません。 試しに他のキーボードをPCに繋いでみると普通に認識されます。 よくわからないのですが、これはもうダメですよね。。。


このキーボードは、購入して約1年でLEDバックライトが切れました。 それからしばらく放置してましたが、キートップを交換して去年から再び使い始めました。 なので使用歴は実質2年くらいです。 たまたまハズレだったのかもしれませんが、1万1635円のキーボードがこんなに早く壊れるなんてね。 デザインやサイズ、配列など気に入ってただけに残念です。


代わりに押し入れの奥にしまっていた、HHKB Pro(ver.1)を出して使っています。 2003年(14年前!)に購入したキーボードなんですが、まだ普通に使えます。 キータッチが固く(重く)なったなあと感じたものの、しばらく使ってたら馴染んだのかスムーズになりました。 これ下手したらこれ一生使えるんじゃないかと思った次第です。 中のゴムがヘタれるから一生は無理かな。。。 なんにせよ耐久性バツグンですね(にっこり)


キーボードの隙間に汚れが溜まってたので、写真を撮る前にお掃除しました(上写真) お掃除方法はこんな感じです。 ついでに「Majestouch MINILA」もお掃除して、汚れてたキートップを交換。 それに静音化リングを装着して作業完了です。 全部で約2時間かかりました_(:3」∠)_


現在の作業環境


私の今の作業環境はこんな感じです。 キーボードは常時2つPCに繋いでいます。 マウスも右手用にひとつ、左手用にトラックボールを置いてます。 



通常は手前のキーボード(Majestouch MINILA)を使ってます。 ブログ更新やメールの返信などにはこれを使ってます。 マウスは右手だけだと疲れるので、左手用にトラックボールを置いて使っています。 写真には写っていませんが、目の前にもうひとつモニターがあります。 デュアルモニター環境です。



イラストを描くときはこの配置で使っています。 上写真では Cintiq Pro 13 の横にHHKBを置いていますが、今まではここに故障したBLACK PAWNを置いてました。 キーボードを2枚使う必要はないのですが、1枚よりもこっちのほうが、通常作業~イラスト制作 の切り替えが楽なので、今のところ、このスタイルに落ち着いています。



2017年7月12日追記

英語配列と日本語配列ではBSキーの位置やEnterキーのサイズなどが違うので絶賛戸惑い中です(汗) 押し間違えが頻発してます。 すぐに慣れると思いますが、日本語配列キーボードで統一した方がいいかなとも思い始めています。


リンク さくら
HHKB Pro 各種 Amazon

キーボード の 売れ筋ランキング Amazon
■ キーボード 週間売れ筋ランキング  楽天


関連記事 さくら これまた
FILCO製の木製パームレストを購入しました
作業効率を上げるために「プログラマブルテンキー NT-19UH2BK」を購入しました
メカニカル・テンキーレス キーボード「BLACK PAWN(赤軸)」を常用できるよう少しカスタマイズしました
レトロなタイプライター風Bluetoothキーボード「Qwerkywriter」が日本でも購入できるって知ってました?
「Majestouch MINILA」の「U」キーでチャタリング発生 ~修理を依頼しました











関連記事