2015年6月20日土曜日

QNAP Turbo NAS「TS-212P」レビュー(2) 外観チェック~HDDの取り付け


ホームユーザー向けの低価格 NAS「TS-212P」を購入しました。 レビューその1からのつづきです。 今回はNASの外観とスペックを確認しつつ、HDDを装着しました。


外観・スペック確認


パッケージ

まずは外観とスペックを確認いたします。


NAS本体です。 HDDケースのようなサイズ感です。 今まで使ってたホームサーバーがかなり巨大でしたので、それと比べると笑っちゃうくらいコンパクトです。 筐体はプラスチック製です。


(左図)前面にはUSB2.0ポートと電源ボタン、アクセスランプ、(右図)背面にはUSB3.0、LANが配置されてます。


スペック
OS:QTS 4.1(Linuxベース)
CPU:Marvell 6282 1.6GHz
メモリ:512MB
HDDベイ:3.5" SATA HDD×2基
LAN: Gigabit RJ-45 Ethernet
インターフェース:USB3.0×2、USB2.0×1


OSはQNAP社独自のNAS用OS「QNAP」を搭載。 Linuxベースの無償OSです。 搭載メモリは512MBと少なめ。 しかしファイルコピーや動画再生など、私の用途ではこのメモリ量で問題ないようです。 今のところ快適に使えてます。


QNAPは新OS「QTS 4.2」をアピール、サーチエンジンやChromecast対応、Thunderbolt 2モデルも… - AKIBA PC Hotline!


底面。 吸気用の穴があいてます。



付属品一覧


ACアダプターは結構巨大です。


HDDを用意


4TBのHDDを購入しました。 TOSHIBA製で、価格は1万5671円でした(2015年5月1日時点)。  買ってから知ったのですが、NASに搭載するならNAS用のHDDにしたほうが良いらしいですね(リンク) 価格は上がりますが、Western Digital製のレッドにすればよかったかなぁと少し後悔中です。


WESTERN DIGITAL Red Amazon


HDDの取り付け


手順

まずは、セットアップポータルサイト(www.start.qnap.com/jp/)にアクセスしてセットアップ手順を確認してください。


筐体側面をスライドすると簡単に側面が外れます。  


内部。 やけにシンプルな中身です。 


一台目のHDDはマウンタに置いて基板の端子へ接続します。 2台目のHDDは付属のケーブルを使用して接続します。


HDDをネジで固定します。


側面のフタを閉め、LANケーブルと電源ケーブルを接続し、電源ボタンを入れたら準備完了です。


次はファームウェアをインストールし、NASをセットアップします。



その3へつづく
その1へ戻る


リンク さくら
■ 「TS-212P」「TS-112P」 製品情報

■ デスクトップ型2ベイNAS TS-212P Amazon
デスクトップ型2ベイNAS TS-212P 楽天
デスクトップ型2ベイNAS TS-212P Yahoo!ショッピング
QNAP TS-212P 価格.com


関連記事 さくら これまた
ホームサーバー導入記 ~富士通 PRIMERGY TX100 S1 に Windows Home Server 2011をインストールしてホームサーバーを作ってみました~
ホームサーバー(WHS2011)に代わり、ファイルサーバーを物色
1万円台の低価格NAS「TS-212P」「TS-112P」が良さげ

ネームホルダーを使いカオス状態にあるケーブルを華麗に識別
オムロン無停電電源装置(UPS)「BY50S」を購入。 ~これで停電も怖くない
ロジテック 外付けHDD「LHR-4BR80EFU3WR」レビュー ~RAID機能付き「外付けHDDケース」+「HDD×4個(8TB)」がセットになったハイエンドモデル


リサーチリンク
ネットワークストレージ の ベストセラー Amazon
ネットワークストレージを検索 楽天
NAS 人気ランキング 価格.com
NASを検索 ヤフオク!


QNAP 2ベイ Turbo NAS TS-212P
QNAP 2ベイ Turbo NAS TS-212P
posted with amazlet at 15.06.19
QNAP (2015-04-24)
売り上げランキング: 15,592


QNAP TurboNAS 1.6GHzCPU 512MBメモリ 1ベイ 2年保証 多機能NAS TS-112P
QNAP (2015-04-24)
売り上げランキング: 11,245



関連記事