2013年12月17日火曜日

ロジテック 外付けHDD「LHR-4BR80EFU3WR」レビュー(2)セッティング編 ~RAIDを選択し、PCで使えるようにするまで

LHR-4BR80EFU3WR RAID設定
【受注生産】LHR-4BR80EFU3WR ロジテック ダイレクト

ロジテックの外付け HDDケース「LHR-4BR80EFU3WR」を使いながらレビューしてます。 その1からのつづきです。


今回はRAIDモードを選択して、PCで使えるようセッティングしました


詳細は以下より


RAIDモードを選択


6種類のRAIDモード(+シングルモード)から使いたいRAIDを選択します。 ※この作業はPCに接続する必要はありません


LHR-4BR80EFU3WR RAID設定
まずは「LHR-4BR80EFU3WR」の電源を入れ、(1)MODEボタンを3秒以上長押しします。 RAID選択ランプが点滅するので、MODEボタン押して(2)RAIDモードを選びます。


裏面の隠しフタ LHR-4BR80EFU3WR RAID設定
ランプが点滅してる間に背面にある隠しフタを開け・・・


LHR-4BR80EFU3WR RAID設定
電源が切れるまでボタンを押し続けます。 電源が切れたら、パワーボタンを押して電源を入れます。 以上です。


※PCに接続する必要はありません
※HDD内のデータは消去されます


PCに接続してフォーマット


この状態でPCに接続しても認識されないので準備(フォーマット)をします。 ※以下はWindows7環境で作業しました


ディスク管理 > フォーマット
PCに「LHR-4BR80EFU3WR」を接続したら、「スタート」>「コンピューター」を右クリックして「管理」を選択します。


ディスク管理 > フォーマット
「コンピューターの管理」画面から「ディスク管理」を選択すると上図の「ディスクの初期化」メニューが表示されるので「GPT」を選択してOKをクリック


ディスク管理 > フォーマット
未割り当てのディスクを見つけて「新しいシンプルボリューム」をクリック。


ディスク管理 > フォーマット
確認して次へ


ディスク管理 > フォーマット
確認して次へ


ディスク管理 > フォーマット
確認して次へ (私はYドライブに割り当てたかったのでYを選択しました)


ディスク管理 > フォーマット
フォーマットします。 内容を声に出して確認。 ぱーてぃしょんの(略 次へ 


ディスク管理 > フォーマット
あっという間にフォーマットが完了。


ディスク管理 > フォーマット
Explorerで「コンピューター」を確認。 無事にHDDが認識されました。 RAID 10を選択したので、HDD容量は3.63TBになってます。 RAID 0 を選択すると倍の 約7.27TB で認識されます。


RAID10 eSATA  「LHR-4BR80EFU3WR」 RAID10 eSATA  「LHR-4BR80EFU3WR」
RAID10 eSATA接続
ちなみに速度はこんな感じです。 RAID 10、 eSATA接続をして測定しました。



その(3)につづく
その1へ戻る


リンク さくら
LHR-4BR80EFU3WR ロジテック 製品情報

購入先
【受注生産】LHR-4BR80EFU3WR ロジテック ダイレクト

LHR-4BREFU3(ケース)
Amazonで探す楽天で探す価格.comで探すヤフオクで探す
WD Red(HDD)
Amazonで探す楽天で探す価格.comで探すヤフオクで探す


関連記事 さくら これまた
Wi-Fi機能付き、USB3.0対応 外付けHDDケース「LHR-DS05WU3Rシリーズ」レビュー(1) ~スマホの外付けHDDとしても使えます
世界最速 外付けHDD「HD-GDU3シリーズ」を購入
12インチ・ノートPC「HP ProBook 5220m」のSSDを交換しました ~容量80GB → 256GBへ 速度も少しアップしました
ホームサーバー導入記(1)~1万円台で購入できる静音PCサーバ「 PRIMERGY TX100 S1」


リサーチリンク
内蔵型SATAハードディスクドライブ の ベストセラー Amazon
ハードディスクドライブ(内蔵型)売れ筋ランキング 楽天
ハードディスク・HDD(3.5インチ)  ランキング 価格.com


関連記事