2017年2月28日火曜日

自動運転車によるレース「ロボレース」用のマシンが披露されました


人工知能が操縦する無人「ロボレース」用のマシンが披露されました。 人間が乗るコックピット部分がないせいか、ミニ四駆に見えなくもありません。

マインクラフトPE 近況報告 ~おしまいの世界へ


前回、ゲーム画面がバグってそこから抜け出せなくなってしまったので(泣)、そのワールドは諦め、新たなワールドで再び最初からプレイしています。 今まで作ったものにアクセスできなくなったのは残念でしかたないのですが、新しいワールドは新鮮でこれはこれで楽しいです(^ω^) ゲームを有利に進めるコツはもうわかっているので、サクサク進んでいます。 装備類はすぐに最強にすることができ、資源集めも順調。 さらに運良く、ver. 1.0 から追加された「果ての世界」への入り口「エンドポータル」まであっさりと辿り着くことができました。


おしながき
拠点づくり
経験値トラップをつくって経験値を稼ぎ、装備品にエンチャントしまくり
ネザーを経由して冒険
おしまいの世界へ

2017年2月25日土曜日

作業効率を上げるために「プログラマブルテンキー NT-19UH2BK」を購入しました


今まで使ってきたCintiqと違い、購入した液晶タブレット「Cintiq Pro 13」には、物理的な便利キーが付いていません。 それでも絵は描けますが、作業効率はどうしても下がり気味。 なので、今までの環境を取り戻すべく「プログラマブルテンキー(NT-19UH2BK)」を購入しました。 Amazonにて2018円でした。 透明のキートップカバーがついてて、手書きシールなどを挟んで使えるのが特徴です(


Windows10Photoshop CC 環境で、キー変換ソフトに「KeySwap for XP」を使っています。 今のところ問題なく順調に使えています。 使用感も上々です。

2017年2月19日日曜日

SIGMA のRAW現像ソフト「SIGMA Photo Pro 6.5.x」は、GPUを使用することで処理が高速化するらしいので試してみました

SIGMA のコンパクトデジカメ「SIGMA DP1 Merrill」で撮影したRAWデータを現像するために、同社の「SIGMA Photo Pro」を利用してます。 新PCに移行した際、このソフトをダウンロードしなおしたのですが、そのとき何気なくソフトの「主な特徴」を読んでいたら「GPUを使用することで処理の高速化を図りました」と書いてあるじゃないですか。


ただし、対象カメラは「sd Quattroシリーズ, dp QuattroシリーズのRAWデータのみ」。 残念ながら私のカメラは対象外です。 でもGPUを利用できる設計なら、他の部分も何かしら速くなっているのではないだろうか!? と淡い期待を込めて試してみました。

2017年2月18日土曜日

部屋の照明が反射して液晶タブレットの画面が見づらいので角度をつけるためのスタンドを購入しました


Wacom Cintiq Pro 13 (液晶タブレット)で作業してると、部屋の照明が画面に反射して鬱陶しいので、この円形の台座を買ってみました。

Yahoo.com アカウントのパスワードを変更しました

Yahooがまたもやハッキングされていたことが発覚 - GIGAZINE
Yahoo.com(Yahoo)は2016年9月に自社のデータベースから5億人以上のユーザアカウント情報が盗まれていたことを発表、同年12月には別件としてさらに10億人分のユーザーアカウント情報が盗まれていたことを発表しました。過去に2件の大規模ハッキングを受けていたことを明かしたばかりのYahooですが、新しいハッキングの痕跡が見つかっており、ユーザーアカウント情報はさらに流出しまくっていたことが判明
・・・ということらしいので、念のために米Yahooアカウントのパスワードを変更しました。 

2017年2月16日木曜日

Wacom Cintiq Pro 13 レビュー(3) ~ペンの描き心地を優先してタッチ機能を無効化しました等

Wacom Cintiq Pro 13 (液晶タブレット)を購入したので使いながらレビューしています。 レビューその1その2よりつづきです。


Wacom Cintiq Pro 13はペンで絵や図を描くことができるほかに、タッチ機能も搭載しています。 指でカンバスを移動したり、ジェスチャーでいろんな操作ができる便利機能です。 しかし私の環境(Windows 10Photoshop CC)ではこのタッチ機能が有効になっていると肝心のペンの描き心地が悪くなります。 なので、無効にしました。

2017年2月15日水曜日

Wacom Cintiq Pro 13 レビュー(2) ~旧Cintiqとの比較、消費電力を確認

Wacom Cintiq Pro 13 (液晶タブレット)を購入したので使いながらレビューしています。 レビュー(1)からの続きです。 今回は今まで使っていた Cintiq 21 UX とスペックを比べてみました。 ついでに消費電力も計測し、1年間の電気代を算出してみました。

2017年2月14日火曜日

マスクをしてもメガネが曇らない! 「くり返し使えるメガネのくもり止めクロス」は冬の必需品


これいい! 今までマスク側でいろいろ工夫してきましたが、こっちのほうが簡単だし、効果的です。 この製品は液体を垂らすタイプではなくクロスなので、いつでもどこでも、出先でも! 歩きながらでも! 使いやすいです。 使い捨てではなく、繰り返し使えるのもありがたいです(1枚でメガネ約25本分) 

2017年2月11日土曜日

Wacom Cintiq Pro 13 を購入しました ~Pro Pen 2 (筆圧感知:8192レベル)の描き心地最高!


液晶タブレット Cintiq 21 が故障したので、急遽こちらの液晶タブレット「Wacom Cintiq Pro 13」を購入しました。 Amazonにて、11万9574円でした。 本当はひとつ上のモデルを狙っていたのですが(→4K表示対応、15.6型液晶タブレット「Wacom Cintiq Pro」)、それはまだ発売されていないので(2017年2月現在)、こちらを選択しました。


ペンの筆圧感知機能8192レベル(従来品の4倍)! 描き心地はすごく良いです(※要設定)。 描いてて気持ちいいです。 本体も小さくて軽くて取り回しが楽。 これはいい! 反面、画面サイズが今まで使っていた21.3インチから、13.3インチへ小さくなったので、狭苦しく感じます(汗) 慣れるまでの辛抱でしょうか。 とりあえずデュアルモニター環境で乗り切ってます。 これから使いながらレビューいたします。

目次
1) 開封の儀外観チェック
2) Cintiq 21 との比較消費電力
3) ペンの描き心地を優先してタッチ機能を無効化しました等
4) 使い心地、感想
番外編
部屋の照明が反射して画面が見づらいので角度をつけるためのスタンドを購入
作業効率を上げるために「プログラマブルテンキー NT-19UH2BK」を購入