2016年1月16日土曜日

「Anker 8200 DPI レーザーゲーミングマウス」を購入 ~低価格ながら多機能で高品質なレーザーマウス

Anker 8200 DPI レーザープレシジョン・ゲーミングマウス 9つのカスタマイズ可能なボタン マクロ設定可能 調節可能なウェイトカートリッジ 信頼のオムロン製マイクロスイッチ搭載 Amazon

2年半使ってきたマウスのスクロールホイールが昨年末あたりから正常に動作しなくなりました。 ホイールを回しても、ページスクロールが出来たり出来なかったりとハッキリしない状態。 イライラします。 それに加えて表面塗装も劣化してボロボロ&ベッタベタ。 すっかり汚らしい姿になってしまいました。 なので新しいマウスを買いました。 それがコレ。 Anker 製のレーザーマウスAnker 8200 DPI レーザーゲーミングマウス」です。 価格は2999円でした(Amazon)。 ゲーミングマウスというジャンルの中では低価格帯の製品ですが出来は良いです。 Amazon内レビューの評価も高めです。


実際に使ってみて「持ちやすさ」「レーザーの感度」「カーソルの追従性」「クリックのしやすさ」「軽さ」「疲れにくさ」など、どれも満足です。 2~3000円クラスとは思えない品質です。 さすが Anker 製。 これはいい! 今まで7000円クラスのゲーミングマウスを使ってきましたが、それと同等、もしくはそれ以上の使用感です(私感)。


Amazon風にお気に入り度を評価するなら★★★★★(星5つ)です。 マイナス点はありません。 人によっては値段相応の見た目(質感)が気になるかもしれませんが、私はさほど気になりません。


※あくまで個人的な感想です。 絶対的な評価ではありません。 マウスやキーボードは人によって好き、嫌い、合う、合わないといった相性が大いにあると思います。


開封の儀

Amazonで購入しました。 箱がいつものとは違うんですけど。。。
(´-`).。oO(もしかしてレアものだった?


スペシャルボックスだニャン!キャンペーン|トピックス|『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』公式サイト



パッケージ


付属品一覧。 マウスの重さを調整する重りが同梱されてます。



パカっとな

ケースの中に、約3gの重りが8個入ってます。


重りはマウスの後ろにセットします。 私は軽いほうが使いやすいので、この重りは使用していません。


ちなみに・・・ゲーミングマウスを購入しましたが、ゲーム利用が目的ではあまりしません。 ウェブ閲覧や画像処理、動画編集など、普通のPC操作がメインです。 ゲーミングマウスのほうが「ボタンのカスタマイズできる」点が便利かなと。 そして分解能やポーリングレートが高めのものが多いので、正確なカーソル操作ができる点も魅力です。


外観・スペック確認

右手用のマウスです。  左右のクリックボタンは押すとカチッと音がします。 スクロールホイールは1スクロール毎にカチカチと引っ掛かりがあるタイプです。


今までずっと右手左手のどちらでも使えるよう、左右対象デザインにこだわってきました。 でもここ数年間、マウスは右手でしか使っていません(左手はトラックボール)。 なので今回はそのこだわりを捨てて物色しました。


サイズ: 127 x 79 x 43 mm
重さ: 107g(マウス本体の実測値)



ツヤがある部分はプラスチックのツヤではなく、塗装によるツヤです。 ツヤツヤしすぎていない感じが好きです。 塗装だと経年劣化で剥げてしまわないか若干心配ですけど。


各スイッチ類。 左右のクリック、スクロールホイールの他に、6つのボタン(スイッチ)がついてます。 各スイッチは専用のユーティリティソフト(ドライバーソフト)でカスタマイズが可能です。 


裏面。 センサーはレーザー方式です。 分解能は8200 DPI。 反応は上々です。 今まで使ってきたマウスよりも滑らかな気がします(気のせいかもしれませんが)。 机やintuosの上でも正確にカーソル操作できます。 マウスパッドを使わなくても平気です。


ドライバーソフトをインストールするとボタンやポーリングレートなどをカスタマイズできます。 そのプロファイルを2つ用意することができます。。 例えば「ゲーム用」「普段使い」とか。 裏面のスイッチ(上図)でそれを切り替えることができます。


金メッキが施された端子部分と、メッシュ編みされたケーブル。 長さは約180センチです。 PCを机の下の奥に置いているので、このケーブル長は助かります。



SteelSeries SENSEI との比較

2年半使ってきたマウス「SteelSeries SENSEI [RAW]」と並べてみました。 「SteelSeries SENSEI」は左右対称のデザインです。 経年劣化により表面塗装がボロボロです。 この撮影用にウェットティッシュで拭いたら表面がますます傷だらけになってしまいました(汗)


「SteelSeries SENSEI」のほうが背が低いです。 私はつまみ持ちをするので背が低い方が好きなのですが、「Anker 8200 DPI レーザーゲーミングマウス」でも全然平気でした。


ドライバーソフト

PCにマウスを繋ぐだけで普通に使えますが、専用ドライバーソフトをインストールしたほうが便利です。



ボタンのカスタマイズ、カーソルの速度など様々な設定ができます。 カスタマイズしたセット(プロファイル)を2つ持つことができます。 上画面もしくは、マウス裏面のボタンで切り替えて使います。


LEDの色を変えることもできます。 プロファイルごとにLED色を変えれば、ひと目でどのプロファイルを使用しているのかわかります。 何気に便利です。


色が変化するのはスクロールホイールとおしりのイカリマークだけ。 DPIライトは常に青色です。 できることなら統一感を出すためにすべて変化して欲しいところです。


まとめ

2年半使ってきたマウスと形状が違うため、使い始めは違和感がありました。 でもすぐに慣れました。 「持ちやすさ」「レーザーの感度」「カーソルの正確性」「クリックのしやすさ」「疲れにくさ」など、どれも満足です。 2~3000円クラスだと、クリック感やスクロールホイールなど、どこかに少し緩い箇所がありがちなのですが、本製品にはそれがありません。 サイドスイッチはグラつきますが、使用感に影響はありません。


Amazon風にお気に入り度を評価するなら★★★★★(星5つ)。 大きなマイナス点はありません。 ポイントをしっかり押さえていると思います。 人によっては値段相応の見た目(質感)が気になるかもしれませんが、私はさほど気になりません。




リンク さくら
Anker 8200 DPI レーザーゲーミングマウス 製品情報
■ ANKER ドライバーソフト

購入できる場所
Anker 8200 DPI レーザーゲーミングマウス Amazon
楽天ヤフオク価格.comGoogle ショッピングで探す

リサーチリンク
ゲーミングマウス の ベストセラー Amazon
レーザーマウス 週間売上ランキング 楽天
マウス 人気ランキング 価格.com


関連記事 さくら これまた
ゲーミング・レーザーマウス SteelSeries SENSEI [RAW] ~長時間使っても疲れないマウスみっけ!
ロジクール製のワイヤレス・マウス「M545」を購入。 ~トラッキング精度が高く、クリック感も良好、バッテリー寿命は最大18ヶ月! サブマウスにぴったり
ロジクールのワイヤレスレーザーマウス「M505」を購入しました
アルミ削り出しボディが美しい!外付けつまみボタン「PowerMate」
マルチタッチ対応、ロジクール製ワイヤレスタッチパッド 「TP500」
Wacomのペンタブレット「Bamboo Comic」をお借りしました。







ケンジントン OrbitTrackball with Scroll Ring 72337
ケンジントン (2009-12-28)
売り上げランキング: 16,814