2015年10月13日火曜日

【ChromeBook C200MA】 Google Keep(アプリ)に問題発生! 解決しないので ChromeBook を出荷時状態にリセットしました。


Google Keep」は軽快なテキストエディター(メモ帳)です。 ブラウザからアクセスするウェブサービス版とは別に、ChromeBook C200MAには アプリ として標準で搭載されてます。 アプリ版Keepは最初の起動(読込)こそ少しモタツきますがそこはご愛嬌。 テキスト入力は相変わらず軽快ですし、同期もバックグラウンドでやってくれます。 使用感はウェブ版と同じです。 さらにオフラインでも使えます。 おかげでネットワーク環境が整っていない場所でも ChromeBook C200MA をメモ帳として使えます。 便利なアプリです。


その「Google Keep」の限界を試してみようと思い、長文を流しこんでみました。 長文を打っても軽快に動作するのかテストしたかったんです。 そしたら上図のようなメッセージが出て、Keepの動作が止まりました。。。_| ̄|○ 文章は150KBくらいのものです。 長すぎたようです。 ウェブ版Keepもこの長さの文章をコピペすると問題が発生します(2015年10月13日時点)。 ※文字入力数に制限があるようですね。


ウェブ版Keepはページを再度読込するだけですぐに復帰しました。 ところが、アプリ版Keepは復帰できなくなりました。 起動すると「問題が発生しました」と表示され動作不能に。。。 アプリを強制終了して、PCを再起動しても解決しません。 ローカルディスクのどこかに悪さをしてるテキストデータが保存されてるハズですが、それがどこにあるのかわかりません。 一通り確認して観念しました。 ChromeBook を出荷時状態にリセットします。


リセット前の準備

リセットをする前にローカルディスクに保存した画像(主にスクリーンショット)をGoogleフォトにアップロードしました。 準備はこれだけです。 設定や環境などはすべてChrome(Googleのサーバー)に保存してあるので、バックアップする必要はありません。


ChromeBook を出荷時状態にリセットする方法

設定にある「PowerWash」をクリックします。 するとPCが再起動します。


画面を確認して「PowerWash」をクリック。


リセット作業は1分ほどで終わります。 速いです。 そのあと初期設定(Wi-Fiとアカウント設定)をしたら、リセット前の環境がすべて自動復元されます。 Windowsマシンをリセットするのは面倒で気が進まない作業ですが、ChromeBook は楽です。 このシステムは凄いですね。 何気に未来を感じました。 


リセット後、アプリ版Keepの問題は無事解決しました



ChromeBook C200MA レビュー記事一覧


リンク さくら
■ ASUS Chromebook C200MA ASUS shop
■ ASUS shop
■ ASUS shop アウトレット

■ Chromebook 各種 Amazon
■ Chromebook 各種 楽天
■ Chromebook 各種 ヤフオク!
■ Chromebook(クロームブック) 一覧 価格.com


関連記事 さくら これまた
サブ機にピッタリ! 10.1インチWindows 8.1 タブレット「Diginnos DG-D10IW2」をお借りしました。 ~液晶解像度1920×1200ドット、高品質液晶を搭載したタブレット
9.7インチ、Androidタブレット「Tekwind CLIDE10 (2015) 」を購入しました ~高解像度IPS液晶を搭載して2万円台!
iPad mini (Retinaディスプレイ ) SIMフリーモデルを購入しました。
薄くて軽い「GALAXY Tab S 8.4」をお借りしました ~高精細ディスプレイ搭載で細かな文字もくっきり
LOGICOOL Bluetooth マルチデバイス キーボード 「K480」を購入しました。 ~PC、Android、iOSなど、3台の機器をダイアルで切り替えて使える Bluetooth キーボード






関連記事