2015年1月15日木曜日

Windows 7 メインストリームサポート終了


2015年1月14日(日本時間)をもってWindows 7メインストリームサポートが終了しました。 といっても、すぐに使えなくなるわけじゃなく、2020年1月14日まで今までどおり普通に使えます。 あと5年は大丈夫。


マイクロソフトの製品サポートは、製品発売後、最低5年間のメイン ストリーム サポートと、最低5年間の延長サポート(合計最低10年間)が提供されます。 Windows Vistaは2007年1月25日に発売されたので、あと2年でサポート終了となります。 Vistaをお使いの方はそろそろ買い替え、乗り換えを検討しなきゃいけない時期でしょうか。


2015年1月14日現在の最新のOSは「Windows 8.1」です。 そして次のWindowsは「Windows 10」です。 Windows8で不評だったUIを改善しているとのこと。 今年中に発売されるのかな? 期待しています。


【Windows 10カウントダウン】Windows 10は、みんなで作るWindows ~プレビューのフィードバック方法を解説 - PC Watch
「Windows 10」の新UIでスタートボタンが復活、ムービーで見るとこんな感じ - GIGAZINE
ASCII.jp:Windows 10の発売は2015年秋? 新デスクトップはこうなる (1/4)|使いやすくなった! 「Windows 10」プレビュー版特集


関連記事 さくら これまた
Windows XP のサポート終了~~
Windows XP ユーザーは意外とまだ多い
ホームサーバー(WHS2011)に代わり、ファイルサーバーを物色


Microsoft Windows 8.1 最新版 [Windows 8.1 Update 適用済みパッケージ]
マイクロソフト (2014-05-16)
売り上げランキング: 6

関連記事