2014年6月1日日曜日

BUFFALO製品のアップデータやユーティリティソフトの一部が改ざんされウィルス感染してた模様

最近(5月27日付近)、BUFFALOのサイトからソフトウェアをダウンロードした方はどうぞご確認を

大切なお知らせ BUFFALO バッファロー
弊社委託のダウンロードサーバー内の一部のファイルが不正に改ざんされていた事が判明しました。
改ざんされたファイルをダウンロードし実行されたお客様のパソコンはウィルスに感染している可能性がございます。
早急にウィルスパターンファイルを最新にしていただきウィルスチェックをお願いいたします。

■改ざんファイルがダウンロードされた時間
2014年5月27日 午前6:00 ~ 午後1:00

■改ざんされていたファイル

・エアナビゲータ2ライト Ver.1.60 (ファイル名:airnavi2_160.exe)

・エアナビゲータライト Ver.13.30 (ファイル名:airnavilite-1330.exe) 

・エアナビゲータ Ver.12.72 (ファイル名:airnavi-1272.exe)

・エアナビゲータ Ver.10.40 (ファイル名:airnavi-1040.exe)

・エアナビゲータ Ver.10.30 (ファイル名:airnavi-1030.exe)

・子機インストールCD Ver.1.50  (ファイル名:kokiinst-160.exe)

・DriveNavigator for HD-CBU2 Ver.1.00 (ファイル名:drivenavi_cbu2_100.exe)

・LinkStationシリーズ ファームウェア アップデーターVer.1.68 (ファイル名:ls_series-168.exe)

・HP6キャッシュ コントロール ユーティリティ Ver.1.31 (ファイル名:hp6v131.exe)

・BSBT4D09BK・BSBT4PT02SBK・BSMBB09DSシリーズ(マウス付属USBアダプター)ドライバーVer.2.1.63.0
(ファイル名:bsbt4d09bk_21630.exe)


追記: 具体的被害はゼロだったようです→ 【特集】バッファローのファイル改竄問題の経緯と実態を追う ~現時点までに安全対策を完了、具体的被害はゼロに - PC Watch



関連記事 さくら これまた
「GOM Player」が攻撃者に狙われウィルス拡散装置に。 「GOM Player」ユーザーは要注意
「atwiki」のサーバー情報が流出し改ざん可能な状態に!?
Windows、Mac、Android で利用できるセキュリティソフト「ESET ファミリーセキュリティ」を購入しました。
世界最速 外付けHDD「HD-GDU3シリーズ」を購入しました

関連記事