2016年2月1日月曜日

「ChromeBook C200MA」レビュー(5)~液晶を確認


レビューその1その2その3その4からのつづきです。 前回のレビューから間が空いてしまいました(汗)。 今回は最大のネックである液晶品質を確認いたします。


ChromeBook C200MAの液晶品質はかなーりイマイチです。 数年前のノートPC(低価格機)並に液晶の上下の視野角が狭いです。 写真の色味が見る角度によって変わります。 正しい色味がわからなくなります。 スマホやタブレット機の液晶に見慣れていると戸惑うレベルです。


液晶サイズは11.6インチ、液晶解像度は 1366×768 ドットです。 


ChromeBook C200MAで「とくみつ録。」を表示するとこんな感じです。 アクセス解析で確認すると、このブログに訪問してくれた人の約9%がこの(1366×768 ドット)液晶解像度です。 結構使っている人が多い解像度です。 一番多い液晶解像度は 1920 x 1080 ドット(約18%)です。


液晶の視野角を確認してみました。 基本的に上下の視野角がかなり狭く、少しでも「液晶の正面」から外れると明度(ガンマ)が変わります。 写真や動画の正確な色味を確認する作業にはまったく向きません。 液晶の角度によっては写真の明るい部分が飛んで見づらくなります。 ネットショップで商品の色身を確認するときは気をつけなきゃいけません。 数年前のノートPC(低価格機)並の液晶です。


ただ、文字は普通に見やすいです。 文章を書くときは、液晶の視野角はあまり気になりません。 私はブログの下書きやネタ帳を整理するためのサブ機としてChromeBook C200MAを使っているので、この液晶品質でもさほど気になりません。 1万円台だったので妥協できています。



その6へつづく
・レビューその1その2その3その4へ戻る


リンク さくら
■ ASUS Chromebook C200MA ASUS shop (アウトレット)
■ ASUS shop
■ ASUS shop アウトレット

Chromebook 各種 Amazon
Chromebook 各種 楽天
Chromebook 各種 ヤフオク!
Chromebook(クロームブック) 一覧 価格.com


関連記事 さくら これまた
サブ機にピッタリ! 10.1インチWindows 8.1 タブレット「Diginnos DG-D10IW2」をお借りしました。 ~液晶解像度1920×1200ドット、高品質液晶を搭載したタブレット
9.7インチ、Androidタブレット「Tekwind CLIDE10 (2015) 」を購入しました ~高解像度IPS液晶を搭載して2万円台!
iPad mini (Retinaディスプレイ ) SIMフリーモデルを購入しました。
薄くて軽い「GALAXY Tab S 8.4」をお借りしました ~高精細ディスプレイ搭載で細かな文字もくっきり
LOGICOOL Bluetooth マルチデバイス キーボード 「K480」を購入しました。 ~PC、Android、iOSなど、3台の機器をダイアルで切り替えて使える Bluetooth キーボード






関連記事