2010年3月23日火曜日

HP製のA4インクジェット複合機「HP Photosmart Plus B209A」を購入しました

 

HP製のA4インクジェット複合機「HP Photosmart Plus B209A」を購入しました。 価格は8200円。 物色の途中で条件を変更してこの「HP Photosmart B209A」を選択しました。 そのため最初はいろいろ後悔しました。 「失敗した!!」とさえ思いました。 しかし使ってみたら一転「これは良い!」という評価になりました。 印刷品質、使い勝手、スピード、どれも自分が想定していた以上のものでした。


現時点でAmazon風に星をつけるなら★★★★☆(星4つ)です。


●いきさつ

約7年使用してきたキヤノンのモバイルプリンター「PIXUS(ピクサス) 50i」がぶっ壊れました。 途中修理しながら使ってきたのですが、さすがにもう寿命ですね。


ピクサス50i ピクサス50i
約7年使ってきた「PIXUS(ピクサス) 50i」
「PIXUS(ピクサス) 50i」は引き出しにも入るコンパクトなサイズがかなり気に入ってました。 しかしちょうど替インクのストックも切れていたので、修理する気はさらさらありません。 7年間どうもありがとう! とお礼を言いながら次のプリンター(複合機)を物色しました。


●物色、条件変更


HP Photosmart B209A
上図はHP Photosmart Plus B209A
今現在、よほどのこだわり(画質、本体サイズなど)がない限り、単体のプリンターを選ぶ理由はありません。 買うならコスト面でも有利な複合機ですよ。


LAN接続できるA4複合機を物色中 


条件はLAN接続(有線)ができること。 複数のPCで使用したいと考えてました。 その中で一番良さそうなものは「Canon PIXUS MP640」でした。 ITmediaの比較記事でも高い評価を得ていますし、Amazonのユーザーレビューでも評判いいです(インクジェット複合機のベストセラーでも常に上位に食い込んでいます)。 これで間違いはないと思います。


しかし2点、どうしてもひっかかります。


1)5色インク
2)おもしろくない


(1)独立インクカートリッジとはいえ、5色インクという部分がどうもひっかかります。 インクジェットプリンターは印刷するたびにヘッドクリーニングのためにインクを消耗します。 私は写真印刷をまったくしないので余計なインクカートリッジを搭載してほしくありません。
(2)私個人の問題です。 評価が高いものを購入して、実際に使ってみて「これは良い!」と満足するのが王道であり賢い買い物のありかたです。 でも今回は冒険がしてみたくなりました。 使ったことがないものを選択してみたくなりました。


そんなわけで


ブラザーの複合機 →去年購入したからパス
エプソンの複合機 →写真印刷はしなからパス


結果、HP製の複合機に決定・・・したかったんですが、「HP Photosmart C309G」も5色インクなんですよね。 やべ・・・なにこれ。 だったら素直にキヤノンの複合機で良いんじゃね? と自分の中の天邪鬼に言い聞かせたのですが、鬼というだけあってこいつは強い。 評価が高いキヤノンは嫌だの一点張りですよ。 意味ワカンネ(←自分)。


そこでHPの複合機で4独立インク(赤青黄黒)を探してみました。 すると良さげなものが2つ見つかりました。


1)HP Officejet 6500
2)HP Photosmart Plus B209A


(1)ビジネス用複合機ですよ。 Amazon価格も1万6800円とリーズナブル。 結構良いと思うんですが、サイズが大きすぎます。 しかもADFなんて使わないしなあ・・・。
(2)有線LANに対応してません・・・。 


・・・ここまで来るとさすがに選び疲れてきます。 しかし早く選ばないと仕事に支障が出てきます。 わかった! 有線LANあきらめた! 無線LANでもいいや、無理だったら最悪USB接続で使う、もしくは買い直す! ・・・そんな勢いで購入しました。 


そして案の定、有線LANを諦めたことに関しては後悔したのでした。。。



●外観チェック

HP Photosmart Plus B209A
拡大画像はこちら 
これが本体と付属品です。 必要最低限のものしか同封されていない内容物です。 説明書も薄く、書いてるのは最初のセッティングについての説明+αです。 詳しくはPDFやヘルプを見てねというスタンスです。


HP Photosmart B209A
本体を観察してみます。 天板(スキャナのフタ)とその周辺はツヤツヤのプラスチック、ボディはつや消しのプラスチックです。 全体的にかなりプラスチックです。 質感はどっちかと言うとプラスチックですね。 高級感? なにそれ? と言わんばかりの素材感で潔くもあります。 まあ要するにプラスチックです。 複合機ですのでサイズは結構デカイです(452 x 407 x 206 mm)。 


HP Photosmart B209A HP Photosmart B209A
裏面側面
裏面と側面を見たところ。 裏面にUSBや電源接続用の端子があります。 そこが出っ張っているので背面を壁にくっつけて設置できません。 私の環境では全く問題ないのですが、気になる人もいると思います。


HP Photosmart B209A HP Photosmart B209A
2つの給紙トレイ付きです(A4用紙、はがき、L版サイズ用紙)。 ブラザーの複合機「DCP-165C」は紙を補給するときはトレイを引き出さなければいけませんでしたが、「HP Photosmart Plus B209A」はその必要はありません。 アクセスしやすくとても便利です。 前面から給紙、排紙をするシステムです。


HP Photosmart Plus B209A
スキャナーのフタを開けたところ。 ガラスの向こうにHPのロゴが見えるのがオサレです。 スキャン速度は普通です。 遅くはなく、感動するほど速くもなく、という印象です。 後ほど時間を計測してみます。


HP Photosmart Plus B209A
本体の左側にある液晶はタッチパネル式を採用しています。 タッチパネルですべての操作が可能となっています(電源以外)。 本機の最大の特徴であります。 しかし視野角が狭く、上の写真のように棚の上(見上げる場所)に設置すると、まったく見えません。 これは想定外でした。


複合機ですので、本体サイズが大きく(452 x 407 x 206 mm)、低価格商品ですので質感が非常にプラスチックです。 なるべく目につかない場所に追いやりたかったのですが、その目論見は消え去りました。 今は素直に机の端に置いてます。


●インク


HP Photosmart Plus B209A
これがHP Photosmart Plus B209Aのインクカートリッジです(標準タイプ)。 ブラザーの複合機「DCP-165C」のものと比べてみました。 


HP Photosmart Plus B209A HP Photosmart Plus B209A
クリックで拡大できます
内容量はわかりませんが、容器のサイズだけを比べると2倍くらい違います。 今後は増量タイプ(178XL)を購入する予定ですが、ブラザーの複合機「DCP-165C」のほうがコスト的に見ると有利な気がします。 明確なことはわからないので、そのあたりは今後、観察を続けていきます。


参考リンク
去年1年間(2009年)でインクカートリッジをいくつ消耗したのか
2008年内に消費したインクカートリッジ(コスト計算)
2007年、1年間で消耗したインクカートリッジ


HP Photosmart Plus B209A
インクカートリッジ設置の為にアクセスドアを開いた図。 豪快に開くため作業はしやすいです。


●「失敗したなあ」から「これは良い!」へ


まず、失敗したなあと思ったところは「本体サイズは大きく」「質感がチープ」なところ。 ですのでなるべく見えない場所へ設置したかったのですが、上記したとおりタッチパネル液晶の視野角のせいでその目論見は消え去りました。 そこでしかたなく机の上に置いたら邪魔だし見た目が悪いしで「失敗したなあ」とガックリですよ。


ところが・・・


HP Photosmart Plus B209A
光が当たらない暗い場所では質感のチープさはまったく気になりません。 プラスチックのツヤツヤした質感も暗がりでは、逆に良い雰囲気にすら見えます。 これだったらしばらくお付き合いできそうです。


もちろん、朝になって陽の光が部屋に差し込むと、そのとたんに魔法も解けてしまいますけどね。


そして仕方なく目の前(机上)に設置したのですが、椅子に座ったままスキャン&印刷が出来るので今までよりも断然作業がはかどるようになりました。 スキャン・印刷速度も今まで使っていたものよりも速いし、給紙トレイのおかげで一連の作業がスムーズです。 これは良い! よそよそしかった奴が急に頼もしいビジネスパートナーになった瞬間でした。


プリンターの置き場所でこんなに快適になるんですね。 今更気づきましたよ。


ただし、無線LANの私の中の評価はイマイチです。 当初、有線LAN接続ができるものが欲しかったのに、途中で無線LAN接続でも良いやって妥協したのは2つの理由で完全に失敗でした。


1)我が家のIEEE 802.11b/gが不安定
2)WEPにしか対応してない。


ここは次に購入する際の教訓にしたいと思います。

 

●プリントアウト(印刷)してみる


まずはウェブページを印刷してみました。 印刷したのはこのページです。


とくみつ録:日本HPのCULVノートPC「HP Pavilion Notebook PC dm1 春モデル」レビュー


HP Photosmart Plus B209A
拡大画像はこちら
用紙の種類は普通紙、印刷品質は標準です。 私が使うプリントアウトは9割、この設定で行っています。 以下はその時の様子です。


動作音は結構大きめ。 印刷が完了すると音でお知らせしてくれます。 1枚目の印刷が完了するのに約18秒、2枚目以降は1枚約15秒で完了しています。 全部で9枚印刷しました。 かかった時間は約2分17秒。 今まで使っていたものよりも速くなったので満足です。 給紙トレイも便利です。


●スキャンしてみる


次はスキャナーを使ってみました。 解像度は300bpi、カラーで取り込んでいます。

操作はタッチパネルで行います。 スキャン中の動作音は控えめです。 1枚目は約43秒で完了。 動画は撮ってませんが、2枚目以降は約23秒で完了します。


8200円という値段のわりには印刷もスキャナー性能も悪くないと思います。 結構満足しています。


リンク さくら
HP Photosmart Plus B209A 製品情報

HP Photosmart Plus B209A Amazon
HP Photosmart Plus B209A 楽天
HP178XL 各色インクカートリッジ Amazon
HP178XL 各色インクカートリッジ  楽天

インクジェット複合機のベストセラー Amazon


関連記事HPfollow用 これまた
A4インクジェット複合機「DCP-165C」を購入
コンパクトプリンター「ピクサス iP100」をお借りしました。
プリンター用クリーニングシート
去年1年間(2009年)でインクカートリッジをいくつ消耗したのかを数えて、合計金額を計算してみました。


HP Photosmart 無線・大型タッチスクリーン搭載 黒顔料・4色独立インク A4インクジェット複合機 B209A
ヒューレット・パッカード (2009-10-16)
売り上げランキング: 1104
おすすめ度の平均: 4.0
3 インク無くなるのが早い
3 タッチパネルの初期不良交換
4 コストパフォーマンスいい
4 無線はいいですよ。
4 この価格でこれだけできれば文句は言えません


ヒューレット・パッカード HP178XLインクカートリッジ 黒 増量 CB321HJ
ヒューレット・パッカード (2008-10-07)
売り上げランキング: 318
おすすめ度の平均: 4.0
5 178と178XLの印刷枚数
3 安値(送料無料)のため
5 文章をよく印刷する人にはいいかも。
4 やはり純正品が安心!


ヒューレット・パッカード HP178XLインクカートリッジ イエロー 増量 CB325HJ
ヒューレット・パッカード (2008-10-07)
売り上げランキング: 551


ヒューレット・パッカード HP178XLインクカートリッジ シアン 増量 CB323HJ
ヒューレット・パッカード (2008-10-07)
売り上げランキング: 604
おすすめ度の平均: 4.5
4 商品の質は良いのですが
5 インクも安くなりましたね


ヒューレット・パッカード HP178XLインクカートリッジ マゼンタ 増量 CB324HJ
ヒューレット・パッカード (2008-10-07)
売り上げランキング: 594
おすすめ度の平均: 4.0
4 初体験
4 2日で到着しました

関連記事