2015年6月6日土曜日

胃カメラをのんできました

3日(水曜)に人生初の胃カメラ検査をしてきました。 今年になってやけに体重が減り、ちょっと気になるレベルだったので病院へ行きました。 そしたら検査しましょうという当然の流れになり、CT検査エコー検査、レントゲン、血液検査、検便、そして胃カメラ検査を受けるハメに。


他の検査は全然平気ですが、なるべくなら胃カメラ検査はしたくなかった・・・。 幸いにもそこの病院は「口から入れるノーマルモード」と、「鼻から入れるイージーモード」を選択できました。 迷うことなく鼻から入れるイージーモードを選択。 でもね、それでもキツかった。 まず鼻の奥の穴にカメラが入らない。 鼻から入れることができないなら口から入れるノーマルモードに切り替えますぅぅって先生が言っちゃうもんだから、カメラがグリグリ鼻の奥を広げて広げて広げて痛いんだけど「痛くない!大丈夫!」と言い張ってなんとか鼻の穴を突破(ここで鼻血が出たらゲームオーバー)。 鼻の奥の関門を抜けるとちょっと楽になったのですが、食道にカメラが入るとこれまた猛烈な違和感。 飲み込みたいけど飲み込めない何かがずっと喉に詰まっている感じ。 オエッ!とはならず、それだけはよかったのですが、麻酔をしててもこのレベルなのかよ!的な気持ち悪さ。  胃にカメラが入ったときの感触もハッキリわかります。 ぐりぐり何かが胃の中で動いてる! 検査は5分ほど(体感)で終わったのですが、 その日はずっと食道、胃に違和感が残りました。 こんな検査、もう二度とごめんです。 しかし私とは逆に全然楽だったって言う人もいるんですよねえ。 個人差があるんですね。


結果は後日わかります。 でも検査当日に、先生が見た感じでは、どこにも異常はないそうです。 臓器も健康だし、ピロリ菌もいなそうだとのこと。 血液検査も異常なし。 ただ念の為に大腸も検査しましょうということになり、再来週にまた病院に行ってきます。 大腸内視鏡検査も結構面倒なんですよねえ。 ゲッソリ 

関連記事