2014年11月16日日曜日

パソコンフェア 2014 レポート(3) ~料金体系がシンプルな低価格スマホ「イオンスマホ」


イオン スマホicon イオンショップ

パソコンフェア 2014 に参加してきました。 レポート(1)(2)からのつづきです。 次はイオンブース。 ここには低価格で契約内容のシンプルさがウリの「イオン スマホ」が展示されてました。 


「イオンスマホ」は「SIMフリー端末」+「格安SIM(BIGLOBE)」をセット販売してるイオン発のスマートフォン。 2年縛りナシ。 いつ解約しても平気です(解約金なし)。 通話ももちろん可能です。 しかしDocomo、au、SoftBankなどの大手キャリアのスマホとは違うので、番号ポータビリティは使えません。 ガラケーからの乗り換えする場合、電話番号は変わってしまいます。 2台目の予備&ネット端末として使うのが一般的かもしれません。


3Gスマートフォン geaneeicon イオンショップ
イオンスマホLTE idol2sicon イオンショップ


月額料金は、geanee(ジーニー)の場合、2138円(税込)です。 端末を一括購入した場合の月額料金は1458円(税込)です。(料金の詳細はこちら)。 


イオンスマホ、第1弾「Nexus4」、第2弾「geanee(ジーニー)」


3Gスマートフォン geaneeicon イオンショップ

2014年4月に発売されたイオンスマホ第1弾「Nexus4」。 発売から約一ヶ月で8000台が完売しました。 現在は取り扱っていません。 Nexus5ではなく、若干型落ちのNexus4を採用した理由はコスト(端末料金の安さ)を優先したからだそうです。


そして、2014年7月に発売されたイオンスマホ第2弾「geanee(ジーニー)」。 こちらは5万台限定販売で、2014年11月15日現在もまだ購入可能。 月額料金は税込みで2138円。 端末の分割支払い代込みの価格です。 毎月1GBまで速度制限なしの3G通信が使えます。 ※1GBを使い切ったあとは200kbpsに制限されます。


主な仕様は、
液晶:5インチ(960×540ドット)、 OS:Android4.4、 通信:3Gのみ(LTE非対応)、 RAM:512MB、 ストレージ:4GB、 外部ストレージ:microSD、 カメラ:背面500万画素、前面200万画素、 連続通話時間:最大4時間、 SIM:デュアルSIM【標準SIM×1、microSIM×1】、 無線:IEEE802.11 b/g/n 、Bluetooth4.0、 テザリング:Wi-Fiで5台まで可能、 センサー:GPSほか、 端末料金:1万5120円 詳しい製品情報はこちら


価格を低く抑えている分、スペックも低めです。


イオンスマホ第3弾「IDOL 2」 ~LTEに対応


イオンスマホLTE idol2sicon イオンショップ

2014年9月に発売されたイオンスマホ第3弾「IDOL 2」。 「geanee(ジーニー)」よりもスペック上げたモデルです。 LTE通信にも対応してます。 その分、価格もすこし高め。 月額料金は3218円。 毎月5GBまで速度制限なしで使えます。 3万台限定販売で2014年11月15日現在も購入可能です。


主な仕様は、
液晶:5インチ(1280×720ドット)、 OS:Android4.3、 通信:3G、LTE対応、 RAM:1GB、 ストレージ:8GB、 外部ストレージ:microSD、 カメラ:背面800万画素、前面130万画素、 連続通話時間:最大7時間、 SIM:microSIM、 無線:IEEE802.11 b/g/n 、Bluetooth4.0、 テザリング:8台まで可能、 センサー:GPSほか、 端末料金:3万1920円。 詳しい製品情報はこちら


イオンスマホ第4弾「Arrows」

そしてこ2014年12月上旬に発売予定のイオンスマホ第4弾「Arrows」。 富士通製の国産スマホです。 防水・防塵機構らしいのですが、これもまだ詳細は決まってなくて、もしかすると防水ではなく、防滴かも・・・とのお話でした。 その他の主な仕様はまだ未公開です。


月額料金は3110円(税込)。 毎月1GBまで速度制限なしのLTE通信が使えます。


OSはAndroid4.4.2。


質感をみる限り、高級路線ではない感じです。


Nexus5とのサイズ比較。 「Arrows」のほうが少しだけコンパクトです。 「Arrows」はサクサク動作します。 カメラ起動や撮影レスポンスなどはNexus5よりも高速に感じました。 展示品は試作機だったので評価するのは早いのですが、なかなか良さげです。


ちなみに
これらイオンスマホはすべていつでも解約できます。 解約金はかかりません(スマホ本体の割賦金の残りがある場合は残債を支払う必要があります)。 解約後のスマホ本体は手元に残りますので「SIMフリースマホ」として使えます。 低価格で保証付きのSIMフリースマホとして見ても魅力的です。



その4につづく
レポート(1)(2)に戻る


リンク さくら
イオン スマホicon イオンショップ

3Gスマートフォン geaneeicon イオンショップ
イオンスマホLTE idol2sicon イオンショップ


関連記事 さくら これまた
5インチ型Androidスマートフォン「Nexus5」 ~テザリング可能、SIMフリーのスマホ
iPad mini (Retinaディスプレイ ) SIMフリーモデルを購入しました。
Xperia E dual C1605 レビュー(1) ~テザリング可能なSIMフリーのスマートフォン
【OCN モバイル ONE】 音声対応SIMカード発売 ~番号ポータビリティにも対応! 070、080、090の番号から乗り換えられます。 ウィルコムよ!さらば!

関連記事