2014年3月31日月曜日

Wi-Fi機能付きSDカード「Flash Air」レビュー(2) ~初期設定、使用感


FlashAir Amazon

Wi-Fi機能搭載 SDメモリカードFlashAir」(16GB)を購入しました。 価格は4380円(Amazon)。 これを使えば、デジカメで撮った写真を、Wi-Fi経由でスマホに転送できます。 古いデジカメにも対応してます(動作確認機器一覧)。 レビューその1からのつづきです。


初期設定


公式動画マニュアル - FlashAir

使用前にFlashAirの初期設定をします。 やり方は上動画をみてください(丸投げ)。 付属の取扱説明書にも詳しく書いてます(丸投げ2)。


以下は Nexus5(Android) の初期設定の様子です。 流れを確認する程度にみてください。 基本的には(1)電源を入れて、(2)Wi-Fi設定をして、(3)パスワードを変更するだけです。


(1)まずはFlashAirをカメラに装着して、カメラの電源を入れます。 ※OM-D E-M5で使う場合は、SDカードスロットのフタを開けます(上図)。


(2)5分以内に Nexus5側で >「設定」 >「Wi-Fi」 を開き(上図)、FlashAirに接続します。 出荷時のパスワードは「12345678」です。 このままではセキュリティ的にアレなので、パスワードを変更します。


 
(3)ブラウザ(Chrome)からFlashAirにアクセスします(上左図)。 startを押すとネットワーク設定に飛びます(右図)ので、ここからSSIDやパスワードを変更します。


iOS7以降の端末(iPod touch 5thなど)の設定は別の儀式が必要です。 →「iOS7以降の端末で、Wi-Fiに接続する方法 東芝 Pocket Media」


使い方

付属の取扱説明書にはブラウザから写真をダウンロードする方法が記載されてますが、それだと使いづらいです。 公式アプリの使用をオススメします。


 アプリ
FlashAir Google Play
FlashAir iTunes の App Store
FlashAir(TM)連携アプリ一覧 | 東芝 Pocket Media


 
Nexus5(Android)なら Flash Air アプリ を起動すると自動的にWi-Fiを探して切り替えてくれます。 楽! ※iOSの場合、自分でWi-Fiを切り替えなきゃいけません。 Androidより一手間かかります。 セキュリティ的にはこっちのほうが良いのかもしれませんが・・・


 
(左)写真一覧表示、 (右)写真一枚拡大表示

FlashAir内の写真をNexus5で閲覧できます。 ここから好きな写真を選んでスマホに転送できます。 1枚から転送できますし、複数枚の選択も可能です。


使用感


FlashAir → Nexus5内に写真(500万画素)をコピーしている様子

良いところ(Nexus5で使う場合)
1) アプリを起動すれば自動的にFlashAirとつながる
2) 写真を1枚から選んで転送できる。 複数枚選択も可能
3) 転送中もカメラ撮影は可能
4) 古いデジカメにも対応してる
5) 普通のSDカードとしても使える


Nexus5(Android)にアプリを導入して使ってます。 とても使いやすいです。  Eye-Fi と違って1枚から転送できる仕様も自分のニーズにあってます。 FlashAirのWi-Fi機能とデジカメが別々に動作するので、撮影中に転送できる仕様もなかなか便利です。 良いところ(1)はデジカメの電源を入れてからアプリを起動します。 タイミングによっては再トライが必要な場合もありますが、Wi-Fi環境が良ければすぐに繋がります。


イマイチなところ
1) iOSで使う場合、Wi-Fiの切替が面倒
2) 人の多い場所ではWi-Fiが繋がりにくい


イマイチ(1)はiOSの仕様です。 不便ですが、セキュリティ的にこっちのほうが安全なのかもしれません。 イマイチ(2)は電車内、飲食店内では繋がらないと思ってたほうがいいかもしれません(繋がったらラッキー)。 繋がらないときは場所を変えて再接続するほかありません。 ※これはどちらも FlashAir 固有の問題ではありません。 「FUJIFILM X-E2」 や、「DSC-QX10」でも同じ問題に遭遇しました。


雑感など

この製品はWi-Fi経由で50枚とか100枚とか大量の写真を転送したい人には向きません。 1600万画素の写真20枚の転送でも結構な時間がかかります。 ←といいつつ、Wi-Fiが安定してたら速いかもしれません。 私が試した環境では必ず途中で速度が低下しましたけど。


画像名
SDカードリーダーにセットして速度測定

あと、SDカードリーダー経由だと書き込み速度がやけに遅いです(上図)。 そのせいか最初の「特大アイコン」表示(Windows7)に若干のもたつきを感じます。



OM-D E-M5で撮影 >Nexus5に転送 >インスタグラムへ投稿

デジカメの電源を入れたり、SDカードリーダーに挿すと、連動して Wi-Fi機能が動作する仕様です(5分間使用しなければOFFになります)。 セキュリティ的にパスワードの変更は絶対必要です。 お忘れなく。 Wi-Fi機能が動作するので、デジカメのバッテリー駆動時間も少し短くなるかと思います。



OM-D E-M5で撮影 >Nexus5に転送 >Twitterへ投稿

動画ファイルは「サムネイル表示」では見えませんが、「フォルダー表示」に切り替えると見えます()。 →参考「 動画やRAW画像の再生、保存はできますか FlashAirに関するご質問」


まとめ


OM-D E-M5で撮影 >Nexus5に転送 >Twitterへ投稿

使い勝手がよくて、設定も楽。 Wi-Fi機能付きのデジカメを探してたのですが、今の私の使い方だったら FlashAir で十分です。 レスポンスはWi-Fiの通信状況に大きく左右されます。 ここはWi-Fi機能付きのデジカメと同じです。 通信状況が良ければとても快適です。 お気に入りです。



その1に戻る


リンク さくら
FlashAir 製品情報

FlashAir Amazon
FlashAir 楽天
FlashAir 価格.com
FlashAir ヤフオク!


関連記事 さくら これまた
ソニーのレンズだけカメラ「DSC-QX10」を購入しました ~スマホと連携ありきの未来形カメラ
最高0.08秒の高速AF搭載 「FUJIFILM X-E2」をお借りしました
5インチ型Androidスマートフォン「Nexus5」 ~テザリング可能、SIMフリーのスマホ

ロジテック 外付けHDD「LHR-4BR80EFU3WR」レビュー ~RAID機能付き「外付けHDDケース」+「HDD×4個(8TB)」がセットになったハイエンドモデル
Wi-Fi機能付き、USB3.0対応 外付けHDDケース「LHR-DS05WU3Rシリーズ」レビュー ~スマホの外付けHDDとしても使えます


東芝 SDHCメモリーカード(FlashAir) 16GB SD-WC016G
東芝
売り上げランキング: 255


東芝 無線LAN搭載SDHCメモリーカードFlash Air 32GB
東芝 (2013-11-16)
売り上げランキング: 560


リサーチリンク
Wi-Fi デジカメ Amazon
Wi-Fi デジカメ 楽天
Wi-Fi デジカメ  Yahoo!ショッピング