2015年7月4日土曜日

ギガビット対応「スイッチングハブ」5ポートを購入しました。 ~LANケーブルのタコ足配線


NASFAX複合機「MFC-J987DN」など、ネットワーク接続機器が増えたおかげで、ルーターのLANポートが不足しています。 手持ちのスイッチングハブはギガビットイーサ未対応なので少し力不足。 そこでギガビットイーサ対応のスイッチングハブLAN-GSW05P」を購入しました。 価格は2680円でした。


電源内蔵でACアダプターレス」「コンパクトボディ」「5ポート」「放熱性の高い金属筐体を採用」「ファンレス機構」「ギガビットイーサ(1000BASE-T)対応」「省電力」「長寿命」といった特徴をもつスイッチングハブです。 


参考
■ スイッチングハブとは (ウィキペディア)


いきさつ


ホームサーバー、PC(3台)、NASFAX複合機「MFC-J987DN」などネットワーク接続機器どんどん増殖しています。 おかげでルーターのLANポートが不足気味。 古いスイッチングハブを持ってますがギガビットイーサ未対応なので少し力不足です。 そこでギガビットイーサ対応のスイッチングハブ「LAN-GSW05P」を購入しました


ギガビットイーサ対応のスイッチングハブ「LAN-GSW05P」


パッケージ

スイッチングハブなんてどれも同じだろうと思ったのですが、ユーザーレビューを見ると、数ヶ月で壊れたなんていう報告もちらほら見かけます。 なので長寿命を謳う本製品を選びました(日本メーカーの電解コンデンサを採用した高信頼モデル)。


スイッチングハブ 各種 Amazon


本体と付属品。 電源は本体に内蔵されてます。 ACアダプターは不要です。




正面。 ステータスランプ、ループ検知ランプ付き。 筐体は金属製です。 


背面。 5ポートタイプを選びました。 今後のことを考えると8ポートタイプでもよかったかも。。。


LANケーブルはどこに繋いでもOKです。


裏面には固定用の磁石が2つ。 壁にくっつけてもおけます。 強力な磁石なので自然落下することはありません。


私はホームエレクターの裏にくっつけてます。 我が家の電話機周りは、UPSやNAS、ルーターなどを置いてて、さらにそれらの電源やLANケーブルがスパゲティ状で放置されてます。 スイッチングハブを置く場所がありません。 なのでこういう場所(スキマ)を利用できる本製品は助かります。


消費電力

ワットチェッカーを使って消費電力を測定してみました。 結果・・・


1W (「NAS」と「FAX複合機」接続時)


でした。 ネットワークを使用していないときは0Wです(手持ちのワットチェッカーは小数点以下を測定できません)。 製品情報によると0.64Wとのことです。 省電力ですね。 24時間使うものなのでありがたいです。


表面温度

使用中の筐体表面温度は35度前後でした(室温29度)。 50度まで耐えられるとのことなので、まだ気にする必要はありませんね。


使用感

普通に使えます。 通信も安定してますし、速度も犠牲になっていないと思われます。 気になることなど発見しましたら、またここに追記いたします。


タコ足コンセントも購入


コンセントも足りなくなったので「ACアダプタを4個つなげるケーブル」もついでに買い足しました。


リンク さくら
LAN-GSW05P/HGB ロジテック ドライバ & マニュアル(取扱説明書)
Logitec ギガビット スイッチングHUB 5ポート 電源内蔵 メタル 50℃対応 ブラック LAN-GSW05P/HGB Amazon

スイッチングハブ の 売れ筋ランキング Amazon
スイッチングハブ 週間売れ筋ランキング 楽天
スイッチングハブ 各種  Yahoo!ショッピング
スイッチングハブ 各種 ヤフオク!


関連記事 さくら これまた
HDDを2台内蔵できるNAS「TS-212P」を購入しました。 ~安い(1万円台)けど機能は本格的!
ネームホルダーを使いカオス状態にあるケーブルを華麗に識別
ケーブルの収納、結束にはマジックバンドが便利!
無線LAN 中継機 「LAN-RPT01BK」 ~自宅の電波改善にどうぞ




関連記事